G2「産経大阪杯」&「ホープフルS」がG1昇格!その裏には…

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

来年(2017)から
G2
産経大阪杯
阪神2000m)及び、
G2ホープフルS中山2000m)が、
G1昇格する


G2
産経大阪杯」の昇格は、
春(4~5月)の古馬中距離路線を充実させて
海外G1<ドバイ、香港、豪州>への
有力馬流出を防ぐ狙いがある
 

G1昇格の基準となるのは、
近3年のレースレベル<レーティング115以上>

これについても
産経大阪杯」は約117でクリアしている

ちなみに、
産経大阪杯」のレースタイトルは、
”産経”の冠は外されて大阪杯になる模様

 

一方、
G2ホープフルS」は、
G1朝日杯FS」が阪神に移動した2014年に
オープンから昇格して今年で3年目

前記のG1昇格基準クリアは微妙だが…
JRAには昇格させたい裏事情がある!?

昨年、
競馬施行規程の一部改正により
<1990年までの4/29()「天皇賞(春)」同様>
12月28日の競馬開催が可能になったことで
その日の目玉として、
G1ホープフルS」をもってきたい思惑
※2017年の「有馬記念」は12月24日施行予定
 

G2からG1に昇格したケースは…

1997年の「フェブラリーS」(シンコウウインディ)と
1996年の「高松宮杯」(フラワーパーク)がある
※「高松宮杯」は1998年現在の「高松宮記念」へ

そして、
G2
最後優勝馬は、
1996年「フェブラリーSホクトベガ
1995年「高松宮杯マチカネタンホイザ

この2頭は、
行き止まり”の実績を背負わされ
その後JRA馬券になることはなかった
  
ホクトベガは地方交流重賞で7戦7勝も…
oosaka2
マチカネタンホイザも…
oosaka3

2016年
最後のG2産経大阪杯」を勝ったのはアンビシャス
次走となった「宝塚記念」を16着(3番人気)大敗
この馬の未来も行き止まり!?

「残高不足!」と思ったら<F5>ボタン!

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎