福永祐一騎手ら名騎手が落馬を<演出>する意味とは!?

この記事は1分で読めます

<1日1回>ワンタッチするだけで ♪ 毎月30万円!

google Sponsored Link

障害戦の楽しみ方の1つは、
どんな<落馬>パフォーマンスを見せてくれるか?
といった視点で見ること…

特に、
メイン(重賞)で断然の1番人気がいる場合なんかは、
<落馬>によって<失速>を暗示するケースがままあった。

この場合、
プロレスでいう<(場外での)流血>と同じで、
予定調和された”演出”に過ぎない。

金沢競馬では、
落馬事故に見せかけた八百長なんかも発覚したが、
その下手さ加減といったら…

中央競馬でも下手な落馬はたくさん目撃してきた。

障害戦で
落ちるつもりが落ちきれずに、
次ぎのタイミングで落ちるという<やり直し>等
「落ちるんじゃないか」という目線で見てるとよくわかる。

勿論、
特に平場戦では、
不慮の落馬事故もあるだろう。

■JRA史上最多の落馬の連鎖
現在のルールなら失格にはなっていない!?

■福永祐一騎手が、
3番エピファネイアで「菊花賞」を勝った日に魅せた
3番ドリームアドリームでの華麗な!?パフォーマンス

他の騎手なら<不発>のサインになるところだが、
これによって断然人気を少しでも回避させた!?

■ゴール手前での落馬…いったい何があったのか!?
単勝800円に対して複勝730円はありえないが…

~続~

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎