2017年東西「金杯」で端数ハンデ馬が全て馬券になる快挙の裏に…

この記事は1分で読めます

<1日1回>ワンタッチするだけで ♪ 毎月30万円!

google Sponsored Link

2017年1月5日
金杯デー
     
昨年の「有馬記念」から中10日も開いたJRA競馬

「中山金杯」&「京都金杯」共に、 
昨年以上の売上を記録したが…

   
「中山金杯」
 売上51億6986万3200円(前年比12.3%増)
「京都金杯」
 売上68億9211万 500円(前年比19.0%増)

      
昨年の「中山金杯」は除外発生で約17億が返還されているので
今年の「中山金杯」は実質売上大幅減

フルゲート割れ(13頭立)の頭数が影響しているのだろう

それでも
東西「金杯」の売上合計は120億円超
2016年G1最低売上の「阪神ジュベナイルF」の
約115億円を上回る
   
ちなみに、
2016年の最高売上レースは
G1「有馬記念」の約449億円

それはさておき

「中山金杯」&「京都金杯」に出走していた
端数ハンデ馬(5頭)が全て馬券対象になるという快挙が…

「中山金杯」
 1着ツクバアズマオー  56.5kg
 2着クラリティスカイ  57.5kg
 3着シャイニープリンス 56.5kg

「京都金杯」
 1着エアスピネル    56.5kg
 3着フィエロ      57.5kg   
       
  
  
カラクリは、
「中山金杯」が第66回、
「京都金杯」が第55回のゾロ(揃い)目開催ということで
端数ハンデ馬を揃えてきたということだろうが、

少々ヤリ過ぎの感…

「京都金杯」は、
1着エアスピネル、2着ブラックスピネルと
”スピネル”馬名も揃えてきた
  

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎