G1「皐月賞」は「桜花賞」と同じロジックが<再現>される!

この記事は1分で読めます

”1日1回”ワンタッチするだけで毎月30万円の収入が入り続けるとしたら…

google Sponsored Link

第77回「桜花賞」は、
単勝1.4倍の大本命・ソウルスターリングが3着に破れた

結果は、
G1「阪神ジュベナイルフィリーズ」及び、
G3「チューリップ賞」の<再現>決着だったわけだが、
これが意図するのは、
JRAの2017年<一大改革>に関係している
 

 G1「阪神ジュベナイルF」
   1着ソウルスターリング  ⇒ 3着
   2着リスグラシュー    ⇒ 2着
   3着レーヌミノル     ⇒ 1着

 G3「チューリップ賞」
   1着ソウルスターリング  ⇒ 3着
   3着リスグラシュー    ⇒ 2着

   
これは、
「桜花賞」が第77回のゾロ目開催であったこととも
大きくリンクしてくるのだが…

  
G3「チューリップ賞」を連対できなかった(しなかった)
リスグラシューが何故「桜花賞」で連対できたのか?

そして、
G2「フィリーズレビュー」で連対した
レーヌミノルが何故「桜花賞」馬に相応しかったのか?

   
このロジックを紐解けば、
第77回「皐月賞」で
連対できる馬と連対できない馬が選別できる

連対有力候補はズバリ2頭!
プラスもう1頭(は同枠馬が走る?)

それはさておき

今年の「桜花賞」&「皐月賞」で連対した馬は、
今後のクラシック戦線の主役にはならない宿命を負う

   
G1「オークス」の有力候補は、
在庫一掃「オークス」トライアルと化した
G1「桜花賞」を連対せずに「オークス」の優先出走権を得た
3着ソウルスターリングと4着カラクレナイ

  
G1「皐月賞」ではそうした視点も必要になる
  

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎