「宝塚記念」ホースのオルフェーヴルの仔が教えてくれる!?

この記事は1分で読めます

”1日1回”ワンタッチするだけで♪ ⇒ 毎月30万円!

google Sponsored Link

競馬の祭典「日本ダービー」が終わり、
夏競馬に入り早2週が過ぎた

ダービーからダービーへ>

2018年、
世代の頂点を目指す若駒たちの
新馬戦もスタート!
   

2017年デビューの
新種牡馬2トップは、
年度代表馬にも輝いた
ロードカナロア<2013>と
オルフェーヴル<2011>

2017年デビュー組の産駒数でも
以下の通り上位の2頭
    

2017年種牡馬産駒数一覧
 ロードカナロア   180
 オルフェーヴル   154
 エイシンフラッシュ 133
 ヘニーヒューズ   129
 ノヴェリスト    103
 ハードスパン     82
 モンテロッソ     67
 ストロングリターン  62
 ローズキングダム   62
 エスポワールシチー  59
 ロジユニヴァース   39

    
2017年デビュー種牡馬の1番星は…

ノヴェリスト産駒
ヴァイザー(阪神芝1400M)

すぐ直後に、
ロードカナロア産駒
ステルヴィオ(東京芝1600M)が
勝ち上がっている
   

この時期、
G1宝塚記念」を控えているということで
宝塚記念」ホースの仔に注目すると
良い事があるかも?

三冠馬・ディープインパクト<2006>の仔が
デビューした年がそうだったように…

2017年デビューの新種牡馬で該当するのは、
同じ三冠馬・オルフェーヴル<2012>

良血馬も続々…

サトノダイヤモンドの妹
マルペンサの2015
マルケッサ(40口6000万)

ブエナビスタの妹
ビワハイジの2015
プリメラビスタ(40口5000万)
以上、
サンデーレーシング所有

注目したいのは、
宝塚記念」ホース同士の配合となる
スイープトウショウの2015
宝塚記念」までに出走なるか?
  
ちなみに、
第1子は母アドマイヤカンナ
アドマイヤビート

 

現在、
リーディングサイヤーのトップを走る
ディープインパクト
オルフェーヴルが脅かす存在になるか?!
  

「残高不足!」と思ったら<F5>ボタン!

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎