G1「天皇賞(秋)」の軸はJRA発表のレーティング上位5頭から

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

JRAから発表される
レーティング上位頭(日本馬)に
優先出走権が与えられる
G1天皇賞)」東京競馬場)
      
この制度は、
トーセンジョーダン<122>
ダークシャドウ<121>
ペルーサ<120>とレーティング上位3頭が、
順番に入線した2011年の翌2012年からスタート
   

2015年までは、
上位5頭の内1頭だけ連対す法則が続いていたが…

    
2012年…3位<117>フェノーメノ    着(1番人気)
2013年…1位<120>ジェンティルドンナ 着(1番人気)
2014年…1位<123>ジェンティルドンナ 着(2番人気)
2015年…1位<120>ラブリーデイ    着(1番人気)
 ※ジェンティルドンナは4ポンド加算済み

   
2016年は、
2位<124>モーリス(1番人気)、
4位<119>リアルスティール(7番人気)で決着!
   
この2頭は、
海外G1チャンピオンズマイル」(モーリス
海外G1ドバイターフ」(リアルスティール)が
それぞれ評価されてのもの

リアルスティールは、
それがなければ上位5頭には入れなかった馬

これを例外と考えれば、
意外とれる「天皇賞(秋)」の指針として
今年も注目!

     
2017年レーティング上位頭は以下の通り
  
1位<123>キタサンブラック
2位<123>サトノクラウン
3位<120>リアルスティール
4位<119>ネオリアリズム
5位<119>ソウルスターリング
ソウルスターリングは4ポンド加算済み

今回も海外G1が評価された馬が、
サトノクラウン(2016「香港ヴァーズ着)
ネオリアリズム(2017「Qエリザベス2世C着)の2頭
 
ちなみに、
2017年に記録したレーティングなのは
ネオリアリズムのみ
 

FX成功者の1%しか知らない秘密のツール(無料)

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎