平成の盾男・武豊が不在のG1「天皇賞(春)」の行方は!?

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

G1天皇賞(春)」を前に
平成の盾男武豊騎手が
騎乗停止<4/28(土)-5/6(日)>で
クリンチャーに騎乗できず…

武豊騎手は、
平成元年のイナリワンから
4年連続で「天皇賞(春)」を制覇するなど
春8勝、秋6勝
計14勝のまさに<平成の盾男
  
2019年4月30日に天皇陛下が退位され、
翌5月1日に皇太子様が新天皇に即位され
新元号となるので
2019年4月28日(予定)の「天皇賞(春)」が、
平成最後の一戦となる

武豊にはじまり
武豊で終わるシナリオは残された!?

それはさておき、
平成の盾男武豊不在の「天皇賞(春)」は、
どんな結果だったのか?

武豊不在の「天皇賞(春)」は過去4回
    
1998年…メジロブライト  (河内 洋 騎手)優勝
2001年…メイショウドトウ (松本好雄 所有)
2007年…メイショウサムソン石橋 守 騎手)優勝
2010年…メイショウドンタク武幸四郎 騎手)
 ↓
2018年… 
     
いずれも武豊所縁のある馬が馬券になっている

兄弟子河内洋騎手や石橋守騎手が優勝し、
実弟幸四郎は16番人気(113.8倍)での走!

家族ぐるみの付き合いの
松本好雄氏の馬が活躍しているのは一目瞭然!

今年も武豊所縁のある馬に注目!
 
⇒ マル秘情報 

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎