ダート王・ホッコータルマエ不在の「フェブラリーS」で買えない馬

この記事は1分で読めます

<1日1回>ワンタッチするだけで ♪ 毎月30万円!

google Sponsored Link

2015年のG1第1弾「フェブラリーS」

昨年のJRA賞最優秀ダートホース・ホッコータルマエは、
(エピファネイア)と共に
G1「ドバイワールドカップ」ヘ

G1「フェブラリーS」が、
JRA賞最優秀ダートホース不在で行なわれるのは、
G1昇格の1997年以降

 1997年(ホクトベガ 不在)を最初に、
 1999年(ウイングアロー不在)
 2002年(クロフネ 不在)
 2007年(アロンダイト 不在)
 2011年(エスポワールシチー 不在)
 2013年(ニホンピロアワーズ 不在)まで6回ある。

過去6回から見えてくるのは!?

 1997年1着★シンコウウインディ
 1999年1着★メイセイオペラ[地]
 2002年1着◆アグネスデジタル
 2007年1着★サンライズバッカス
 2011年1着☆トランセンド
 2013年1着★グレープブランデー
 2015年?

 1997年2着 ストーンステッパー
 1999年2着☆エムアイブラン
 2002年2着★トーシンブリザード[地]
 2007年2着★ブルーコンコルド
 2011年2着★フリオーソ[地]
 2013年2着★エスポワールシチー
 2015年?

主役不在の年、
JRAが求めているのは、
★(☆◆)の馬を見れば一目瞭然!

ちなみに、
G1昇格した1997年<枠4-6-4>に不在のホクトベガは、
G2最後の1996年<枠3-3>の「フェブラリーS」優勝馬
1997年を不完全<例外>と考えれば…

実質、
過去全て★(☆◆)の馬が席巻したことになる。

★(☆◆)の正体とは…

JRA以外でのG1、Jpn1実績(★)
すなわち、
指定交流重賞Jpn1(Jpn2)実績

2002年1着アグネスデジタルだけは例外で、
G1「香港カップ」1着から参戦

ということで、
「根岸S」組のエアハリファ、ワイドバッハをはじめ
”買えない(軸にしずらい)”馬が人気馬の中に1頭、2頭・・・

逆に言えば、
カゼノコ、サンビスタ、ベストウォーリア、ローマンレジェンドや、
地方所属のサトノタイガー、ハッピースプリントといった
Jpn1実績がある伏兵馬に最大限の注意が必要になる。

 

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎