高松宮記念~ロードカナロア連覇の”お返し”に香港馬が走る !?

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

香港からの刺客・ エアロヴェロシティの取捨は!?

2001年に国際競走へ
外国馬が参戦するのは、
2003年(第33回)以来2度目
2003年の枠順にも注目したいところだが…

別の視点から

「高松宮記念」のCMにも登場している
ロードカナロアのG1「香港スプリント」連覇に対する
1年遅れの”お返し”があるかもしれない。

これまでの歴史を振り返ると
<日本と香港>間で似たケースが多発している

2000年に「安田記念」を香港馬(フェアリーキングプローン)が勝った翌年
2001年の「香港マイル」で日本馬(エイシンプレストン)が優勝

2005年に「香港マイル」を日本馬(ハットトリック)が勝った翌年
2006年の「安田記念」では香港馬(ブリッシュラック)が優勝

2010年に「スプリンターズS」を香港馬(ウルトラファンタジー)が勝った翌々年
2012-2013年の「香港スプリント」を日本馬(ロードカナロア)が連覇

又、
<グローバルスプリントチャレンジ>
第1戦G1「ブラックキャビアライトニング」
第2戦G1「ドバイゴールデンシャヒーン」に続く
第3戦

2014年から加わった直前に施行される
G1「ドバイゴールデンシャヒーン」の出目は要注意!

2014年は1着馬番が連動している…

「残高不足!」と思ったら<F5>ボタン!

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎