G1「桜花賞」~ ルージュバックが<負ける>暗示が出た!?

この記事は1分で読めます

”1日1回”ワンタッチするだけで毎月30万円の収入が入り続けるとしたら…

google Sponsored Link

2015年クラシック第一弾
G1桜花賞

2歳女王ショウナンアデラ不在

主要トライアル2戦
G3チューリップ賞」&
G2フィリーズレビュー」では、
2歳女王阪神ジュベナイルF
再現された形 
本番に向けて、
それも気になるところだが…

 

それはさておき、
注目されるのが3戦3勝重賞ウイナー3頭

ルージュバック (G3きさらぎ賞」)
キャットコイン (G3クイーンC」)
クイーンズリングG2フィリーズレビュー」)

特に、
トライアルをわざわざ回避して臨む
ルージュバック
キャットコイン思惑

中でも

全て馬をなぎ倒してきた
ルージュバックが、
恐らく番人気になるのだろう

しかし…

乙女の戦い”とは裏腹な感がする
馬相手の3連勝
必ずしもプラスとはいえない?!

その不安要素を後押しするのが、
JRAホームページにある
桜花賞」を告知する昨年のレース写真

そこには頭の馬

優勝したハープスターより前方に
なぜか着のマーブルカテドラルが、
主役の如く写りこんでいる

かなり作為を感じる意味深なもの

sakura3

ハープスターキャロットF所有)を、
ルージュバックキャロットF所有)に
見立てたとすれば…

これが意味するところは?

ルージュバック後塵を拝する暗示か!?

それとも

マーブルカテドラルと同じ社台RH所有の
コンテッサトゥーレ 走の暗示か!?

 
ルージュバックに騎乗する戸崎圭太騎手は、
1週前の競馬で発!
重賞含む勝を積み上げリーディングに肉薄した。

この流れは、
ヤリ過ぎた反動>がありそうな
かなり危険な予感がしている。

一方、
コンテッサトゥーレC.ルメール騎手は、
JRA騎手としてG2勝ちデビュー

1ヶ月の騎乗停止期間を考えれば、
またまた面目躍如の場面があるかもしれない。

いずれにしても
ルージュバックから
じるわけにはいかない桜花賞になる

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎