2022年短距離G1展望…ナランフレグがKEYホースに選ばれた理由とは?

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2022年
G1第1弾
スプリンターズステークス
中山1200m)は、
上位人気馬総崩
2022年

短距離G1戦線の混迷ぶりを
如実に示した

これにより
2022年G1
番人気の連敗記録が継続
 <13連敗>

※前年「ホープフルS」から14連敗

2022
2歳戦及び、
日本ダービー」を除く
G1賞金されている

2020年にも
(一部の)
中短距離重賞賞金され
短距離G1戦を
グランアレグリア回収した


G1高松宮記念」<着>
(1.1億⇒1.3億円)
グランアレグリア繰上
 ↓

G1安田記念
(1.1億⇒1.3億円)
グランアレグリア
 ↓

G1スプリンターズS
(1.1億⇒1.3億円)
グランアレグリア
 ↓

G1マイルチャンピオンシップ
(1.1億⇒1.3億円)
グランアレグリア

そして
2022

G1高松宮記念
(1.3億⇒1.7億円)
ナランフレグ
同枠サリオス
 ↓
G1安田記念
(1.3億⇒1.8億円)
サリオス
同枠ナランフレグ
 ↓
G1スプリンターズS
(1.3億⇒1.7億円)
ナランフレグ
 ↓
G1マイルチャンピオンシップ
(1.3億⇒1.8億円)

  
2022年の短距離G1  
ナランフレグKEYホースなら
G1マイルチャンピオンシップ」に
出走してくるはずだが…
ナランフレグが、
KEYホースとして起用される理由は…

2022年の年間キャッチコピー
HERO IS COMING
何故ピリオドをつけたかといえば、
G>の強調に他ならない

ナランフレNaran HULEG>は、
それを象徴する馬というこになる

又、
2022年のG1は、
全てINGG)が馬券に絡んでいる

尚、
2022年の短距離G1
スプリント
高松宮記念
スプリンターズS
(1.3億⇒1.7億円)と
マイル

安田記念
マイルチャンピオンシップ

(1.3億⇒1.8億円)で
金額に”格差”をつけてきた

マイル > スプリント

安田記念」では、
高松宮記念」をけた馬ではなく
別路線組
マイルG1実績馬

ソングラインが勝ち
シュネルマイスター着した様に

マイルチャンピオンシップ」も
スプリントG1
高松宮記念」や
スプリンターズS」で
負けてない馬
マイルG1実績馬が起用されるだろう

 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2023]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略