天皇賞秋…藤沢和雄メモリアルが導いたルメール騎手イクイノックスV

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2022年
G1天皇賞)」当日

今年2月末で引退した
藤沢和雄元調教師(71)の
顕彰者選定を記念して行われた
レジェンドトレーナーカップ
前走まで
藤沢和雄厩舎に所属し
同厩舎最後の勝利をあげていた
レッドモンレーヴ
蛯名正義厩舎)が優勝

藤沢和雄元調教師は、
JRA
1570
重賞126勝(内G134勝)

JRA最多勝利を11回獲得

2022年3月から
JRAアドバイザリー契約を結ぶ

G1天皇賞)」当日
競馬場で行われた

トークショーにもゲスト出演

藤沢和雄元調教師は、
G1天皇賞)」

1996年…バブルガムフェロー
    (蛯名正義
2002年…シンボリクリスエス
    (岡部幸雄)
2003年…シンボリクリスエス
    (O.ペリエ
2004年…ゼンノロブロイ
    (O.ペリエ
2014年…スピルバーグ
    (北村宏司
2018年…レイデオロ
    (C.ルメール

RACING PROGRAMは、
番ゼッケンをもつ
C.ルメール騎手が意味深

G1天皇賞)」は、
枠に配置された
C.ルメール騎手が、
イクイノックス制覇

メモリアルデーの主役
藤沢和雄元調教師に導かれての
勝利だった!?

 

 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2023]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略