クロノジェネシスGP連覇!2020有馬記念も史上初の牝馬ワンツーで幕

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2016年以来
JRA競馬最後の日に行われた
グランプリ
G1「有馬記念」
(中山/芝2500m)

2020年
コロナ禍で行われたJRA競馬は
史上初の連続で歴史的な1年になったが…
ラストドリーム
G1「有馬記念(グランプリ)」
史上初となるワンツー!

北村友一騎手騎乗の
クロノジェネシスが、
昨年のリスグラシューに続き
「宝塚記念」&「有馬記念」
グランプリ連覇した

2着には伏兵牝馬
シルクレーシング所有の
14サラキアが入り
馬連10330円の
万馬券決着!

レーシングプログラム
[名馬の肖像]には、
1997年「有馬記念」を勝った
14シルクジャスティス
シルクレーシング)


グレード制導入以降、
牝馬の優勝は引退レースだったが、
今回は変則決着<5-7-7>
引退レースだった
サラキアが2着
前週引退式を行った
アーモンドアイと同じ
シルクレーシングの僚馬が
有終の激走を決めた 


500億円超が期待された
G1「有馬記念」の売上は、
前年比99
464億2589万4400円
高い水準はキープしている
ちなみに、
最高売上は1996年の
875億1040万2400円
<ギネス世界記録登録>
又、
JRAの年間の馬券売上は、
前年比103.5
9834億5587万2000円
9年連続UP!

競馬場やWINSでの発売が
現在も制限される中、
電話・インターネット投票が増加

無観客開催直前の
2月23日時点で
440万7000人だった
電話・インターネット投票会員数は、
12月20日現在、
過去最多の495万人超

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略