2021凱旋門賞ディープインパクト産駒スノーフォールが1番人気

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2021年
10月3日(日)に行われる
G1「凱旋門賞」
(ロンシャン競馬場/芝2400m)
堂々と主役を務めるのは、
あのディープインパクトの仔
3歳牝馬
スノーフォール
(エイダン・オブライエン厩舎)

L.デットーリ騎手で
G1「英オークス」を16馬身差
R.ムーア騎手で

G1「愛オークス」を8馬身半差
そして
古馬初対戦となった
G1「ヨークシャーオークス」も
4馬身差で快勝!
昨年1600m以下7戦1勝から
今年2000m超で4戦4勝とした

今後のローテーションは、
9月11日
G1「アイリッシュチャンピオンS」か
9月12日
G1「ヴェルメイユ賞」
G2「ニエル賞」
いずれかに出走する可能性がある


ディープインパクトの仔と武豊が遭遇

2006年
「凱旋門賞」において
3着入線も後に失格となった
ディープインパクト
その無念を娘の
スノーフォールが晴らすのか?

注目の一戦に
ディープインパクトの主戦
武豊騎手も参戦!?
キーファーズ(松島正昭代表)が
クールモアと共同所有する
ブルームやジャパンに
騎乗する可能性がある

ブルームとジャパンは、
スノーフォール、ラヴ、
セントマークスバシリカと同じ
エイダン・オブライエン厩舎

スノーフォール以下は混戦模様

ブックメーカーのオッズも
スノーフォールが、
軒並み3倍前後の1番人気

これに続くのは…
G1「英ダービー」、
G1「キングジョージ」を快勝して
1995年のラムタラ以来となる
欧州三大レース制覇にリーチの
アダイヤー(3歳牡馬)

G1「キングジョージ」2着
ミシュリフは、
G1「英インターナショナルS」を
6馬身差の圧勝して名誉挽回

評価が高いのは、
昨年G1を3連勝して
今年初戦(8月)の
G3「愛バリーローンS」圧勝の
タルナワ(5歳牝馬)
前記アダイヤーと同じ
チャーリー・アップルビー厩舎の
ハリケーンレーンは、
「愛ダービー」「パリ大賞」を連勝
9/11「英セントレジャー」次第では
有力候補に躍り出る

春先までは、
スノーフォールと
人気を二分していた
昨年の「英愛オークス」を制覇した
ラヴは、
ココ2戦(G1)3着に負けて評価を下げた

日本からクロノジェネシスとディープボンド参戦

日本から参戦する2頭は…
有力ジョッキーが騎乗も
伏兵馬の域を出ない

G1「宝塚記念」を勝ち
史上3頭目のグランプリ3連覇達成の
クロノジェネシス
(オイシン・マーフィー騎手)
G1「天皇賞(春)」2着
ディープボンドは、
(クリスチャン・デムーロ騎手)
前哨戦「フォア賞」に出走予定

「凱旋門賞」ブックメーカーオッズ

スノーフォール      3.25
アダイヤー        5.5
タルナワ         7.0
ミシュリフ        8.0

ハリケーンレーン     9.0
ワンダフルトゥナイト   9.0
セントマークスバシリカ 11.0

クロノジェネシス    15.0
ラヴ          21.0

ディープボンド     26.0

ブルーム        51.0
ジャパン        67.0

※8/24現在
※英ブックメーカー:WhilliamHill

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略