牝馬主役のG1「宝塚記念」に英雄!?それはピンポイントへの鍵だった

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2020年
G1宝塚記念
通常、
レーシングプログラムに掲載される
G1ヘッドラインの文言は…

夢を託そう、新たな英雄の輝きが時代を変える

2020年
史上初めて馬のワンツー
ラッキーライラック
クロノジェネシスで決まった
G1大阪杯」でも

浪花の武勇伝、最強の英雄伝。

馬が主役になったG1
英雄とは”疑問”だが…

ちなみに、
宝塚記念」を勝った
クロノジェネシスの馬名意味は、
”はじめに”を意味する
 創 世 記
新たに時代を変えるにマッチした
文言ではあった

それはさておき

その”疑問”に対する答えが、
ピンポイントだった!?

当該週、
英雄ヒーロー)>馬名が
裏開催の東京函館に1頭ずつ
頭出走!
  
函館6Rアーバンヒーロー

        +

東京4Rフジマサヒーロー

        ↓

G1宝塚記念キセキ
        |
        クロノジェネシス

着には、
ラッキーライラック同枠
モズベッロ(12番人気)が入り
3連複 51240円
3連単183870円

G1大阪杯」の<再現>決着!

前記、
G1ヘッドライン>に
”が出るのは…
意外にも2018年以来
今回の「宝塚記念
出走馬の中で唯一
”が出たG1を勝っていたのが
キセキ

2017「菊花賞
咲き誇る菊に誓う、屈強なる世代のを語り継ぐ。

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略