2021京都大賞典~マカヒキ復活の引き金は…阪神代替!?金子農水大臣就任!?

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2021年
G1天皇賞)」への
ステップ重賞
G2京都大賞典は、
2016年の
ダービー」馬
マカヒキ藤岡康太騎手)が、
2016年9月11日
G2ニエル賞」()以来、
5年ぶりの勝利をあげた
単勝3210円⑨)

着には番人気の
アリストテレスが入った

今年の「京都大賞典」は、
京都ではなく
阪神代替の舞台ということで
マカヒキ同枠には
阪神代替京都記念着の
ダンビュライトが配置されていた

更に、
アリストテレス
阪神代替天皇賞)」で
着したワールドスケール
同枠に配置されていた馬

阪神代替京都大賞典
1976年<8-7-
1980年<-2>※8頭立
1994年<3->※2500m
      ↓
2021年<5--7>


京都大賞典」は、
農林水産省賞典
農林水産大臣賞)ということで
岸田新内閣で
たに農林水産大臣になったのが
金子原二郎(げんじろう)参議院議員
そして迎えた
農林水産省賞典競走だった

金子原二郎氏(77)と
マカヒキのオーナー
金子真人氏(76)とは同年代

もう一方の
G1天皇賞)」への
ステップ重賞
G2毎日王冠」は、
G1安田記念
ダノンキングリー
シュネルマイスターによる
再現>決着!
着順は逆転したが…

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略