夏競馬ラストは荒れる「新潟記念」/2歳重賞は<ある法則>に注目!

この記事は2分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

2018年
平成<ラスト>の夏競馬が
今週いよいよフィナーレを迎える

サマー2000S最終戦
G3「新潟記念」で新潟競馬も一旦幕
(秋に3回新潟)
 
サマー2000シリーズの
チャンピオンの行方は?

登録馬の中でその可能性があるのは、
メドウラーク(丸田恭介騎手)のみ
このサマー2000シリーズ
チャンピオンは<13点以上>の規定があり
「新潟記念」を勝っても10点止まり
現在、
「七夕賞」1着他で計11点を獲得している
メドウラークが2点(5着)取れば確定!
メドウラークが掲示板を外せば
同シリーズ史上初の”該当馬なし”となる

ちなみに、
サマー2000シリーズのチャンピオンには、
褒賞金が支給される
⇒ 馬主3200万円、厩舎関係者800万円
勝たなくても5着以内に入りたいところ

それはさておき…

人気になるのは、
8ヶ月の休み明けながらトップハンデの
セダブリランテス
既に44勝の藤原英昭厩舎の
グリュイエール
「ダービー」5着の3歳馬
ブラストワンピースあたりだが…

2018年夏の新潟重賞は、
1-2番人気決着が2回出るなど堅い決着が続いている
5番人気の好走が顕著だが…
新潟ラスト重賞の今回は、
ハンデ戦でもありそろそろ荒れる順番!?

◆2018年新潟重賞<馬連(人気)>

 春「新 潟 大賞典」<10890円(5→9)>※ハンデ戦
 |
 夏「アイビスSD」< 1020円(1→2)>
 夏「レパードS」 <23100円(5→10)>
 夏「関 屋 記 念 」< 2540円(1→5)>
 夏「新 潟 2歳S」< 540円(1→2)>
 夏「新 潟 記 念」 <  ?    >※ハンデ戦

一方、 
今週【裏競馬】で注目しているのは
夏の2歳重賞戦線

既に終了している2歳重賞
G3「函館2歳ステークス」<3-5-3(6-10-5)>
G3「新潟2歳ステークス」<6-7-7(6-9-8)>

それぞれに
共通する<ある法則>がみられた

土曜の「札幌2歳ステークス」にて最終チェック

継続したら、
日曜の「小倉2歳ステークス」で勝負したいところ

<ある法則>とは”出目”

2歳重賞同士で
馬番が連動(いずれも6番1着)しているとか、
ゾロ目決着といった単純な”出目”ではない

それぞれ、
どこから”出目”を拾ってきてるかというと…

勘のいい人なら
既に”察し”がついてるのではないか?

競馬もビジネス同様、
常にPDCA<計画+実行+評価+改善>

仮説検証サイクル

予測した法則(計画)
その結果を検証し、
違ったら別の法則を模索するという繰り返し

google Sponsored Link

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略

Advertisement