夢の対決「ジャパンカップ」に外国招待馬ウェイトゥパリスが花を添える

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2020年
G1ジャパンカップ
東京/芝2400m)

無敗の三冠馬2頭
デアリングタクト
コントレイルの対決に
G1最多勝の三冠牝馬
アーモンドアイの参戦
まさに、
最初で最後のの対決!
勝った馬が最強
2020年度代表馬となる大一番
アーモンドアイが勝てば、
総収得賞金でキタサンブラックを抜き
歴代トップに立つが…

この内、
2頭は間違いなく負けるのだが、
果たしてどんな結末が待っているのか?

初の新旧三冠馬対決となった
1984年の「ジャパンカップ」では、
ミスターシービー(1番人気)
シンボリルドルフ(4番人気)を尻目に
カツラギエース(10番人気)が走したが…


又、
夢の三強対決に隠れてしまっているが、
2年連続
外国招待馬<不在>という
事態は回避された

コロナ禍にもかかわらず、
フランスから勇躍参戦する
ウェイトゥパリスM.デムーロ
2020年
G1「ガネー賞」では
G1「凱旋門賞」を勝つソットサスと僅差の2着
G1「サンクルー大賞」では、
G1「ドバイシーマC」覇者
オールドペルシアンを破りG1制覇
前走「凱旋門賞」着も
にして進化を遂げている


前週、
G1マイルチャンピオンS」で
サリオスに騎乗し<不発>に終わった
M.デムーロ騎手は、
とにかく乗れてないが…
リーディング独走(重賞16勝)の
C.ルメール騎手には、
大きく差をつけられてしまったが、
意地の一発が怖い!?

ジャパンカップ」のポスターに
 世界へのしるべを。
ウェイトゥパリスWay to Paris>の
走を暗示している可能性も…
   
外国招待馬は、
ディープインパクト優勝した
2006年(ウィジャボード着)以来
13年間も馬券に絡んでいない

一方、
外国招待馬に代わって
外国人騎手が大活躍しているが、
今年はコロナ禍ということで
短期免許での外国人騎手も不在
外国人騎手の参戦は過去最少

C.ルメールアーモンドアイ)と
M.デムーロウェイトゥパリス)の2名のみ

「ジャパンC」で買えるのは外国馬ではなく外国人騎手


2020「ジャパンカップ」サイン

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略