2022年開幕から重賞5連敗のルメール騎手が激熱ゾーン突入!

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2022年の開幕から
ちょうど8日目に行われた
G2アメリカJCC
中山/芝2200m)

3番人気のG2ホース
キングオブコージが快勝!
関東リーディング1、2位の

息子兄弟に負けじと
父・横山典弘騎手が早くも
2022年重賞勝目をあげた

着には、
11番人気(87.9倍)
マイネルファンロン走し
馬連34330円の大波乱


一方、
断然の番人気(2.0倍)
オーソクレース
まさかの着に沈んだ…

 

オーソクレースに騎乗したのは、
5年連続でMVJに輝いた
C.ルメール騎手

C.ルメール騎手成績
2017年…199勝(14)
2018年…215勝(20)
2019年…164勝(16)
2020年…204勝(17)
2021年
…199勝(17)
※()内重賞勝ち
     
2022年開幕から
重賞連敗はさておき
①②④①①人気馬で
勝<7→10→9→4→6着>
馬券対象は”
これはある意味
異常事態>といえよう


2022年ルメール騎手 1月重賞成績
G3シンザン記念
 ラスール     (番人気)
G3フェアリーS
 エリカヴィータ  (番人気)10
G3愛 知 杯
 マジックキャッスル番人気)
G3京 成 杯
 アライバル    (番人気)
G2アメリカJCC
 オーソクレース  (番人気)6着
    
ちなみに、
昨年の開幕から4週間は…

①③①①①人気馬で
勝<4→→11→着>
一昨年は、
②①①①⑤人気馬で

勝<→6→5→着>

逆に言えば、

C.ルメール騎手が、
重賞での単勝複勝回収率

%という汚名を着たまま
黙っているはずはなく
今後は断然”い”となる
まさに、
激熱>ゾーン突入!
といっても過言ではない
  
ルメール騎手重賞成績
    2021年(2022年)
勝  率 0.2180.000
連 対  率 0.3850.000
3着内率 0.4740.000

今年は1月はもう1週ある
1月の重賞全滅”回避へ

今週の騎乗予定は、
G3根岸ステークス」の
クロパラントゥ
鹿戸雄一厩舎から
中央デビューするも
3戦0勝(9→12→10着)で
地方競馬へ転厩
門別競馬で3戦勝して
JRA再転入(藤沢和雄厩舎)
C.ルメール騎手との
黄金コンビで連勝中だが、

登録段階では除外対象

今回出走して勝てば、
フェブラリーSへの
優先出走権をつかむことができる

2月で引退する
藤沢和雄調教師へ
ラストG1出走という花道
用意することができるのか?!

それとも
別の馬に騎乗するのか!?

2022年「根岸ステークス」想定

 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略