桜花賞&皐月賞で巻き返す有力騎手は…ルメール川田福永に注目!

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2021年も
早くも3ヶ月が経過
春のG1シーズンも本格化

そんな中、
リーディング上位の
有力ジョッキーに異変!?

デビュー5年目の昨年
G1勝するなど大ブレイク
2022年
年男として更なる飛躍が期待された
横山武史(23)
全国リーディング
(関東位)と好調も…

G1高松宮記念
レシステンシア2.2倍)
G1大阪杯
エフフォーリア1.5倍)
2週連続
G1で断然人気を裏切る

そして、
桜花賞」でも
番人気が予想される
ナミュールに騎乗するが、
3度目の正直巻き返せるのか?

 

その前に立ちはだかるのは、
2022年
重賞戦線で<不発>続きの
トップ2
C.ルメール(42)と
川田将雅(36)

特に、
C.ルメール騎手は、
2022年
まさかの重賞勝利
ドバイでは1日勝して
億円(内10%が騎手分)を
荒稼ぎするも…
帰国後にコロナ感染症対策の
注意義務を怠って戒告処分
<騎乗も中止

5/1「天皇賞)」の週からは…
(~6/26「宝塚記念」)
ダミアン・レーン騎手(28)が、
2年ぶりに短期免許で来日するので
いよいよ尻に火が付く
    
2021年
重賞17勝(内G1勝)
2020年
重賞17勝(内G1勝)
2019年
重賞16勝(内G1勝)
2018年
重賞20勝(内G1勝)
2017年
重賞14勝(内G1勝)
2016年
重賞13勝(内G1勝)
2015年
重賞勝(内G1勝)

本格参戦した
2015年以降
この時期まで重賞勝利だったことは
1度もないので
逆に言えば、
横山武史騎手以上に
いつ勝ってもおかしくない

ココまで引っ張ると
G2G3よ
G1の大舞台で
鬱憤を晴らして
喜びを爆発させる!?
G1桜花賞」の
フォラブリューテなら
2022「桜花賞」想定

順当なら
G1皐月賞」の
イクイノックスあたりか?
2022「皐月賞」想定

現在、
リーディングトップ
川田将雅騎手も
重賞戦線ではやや
昨年14勝(内G13勝)も
2022年は勝止まり
G1フェブラリーS」では
番人気を裏切る(着)も
勝てないまでも
着するケースが多い

G1桜花賞」では、
スターズオンアース
2022「桜花賞」想定
G1皐月賞」では、
ダノンベルーガに騎乗予定
2022「皐月賞」想定

あとは、
香港での馬負傷で
2022年出遅れた
福永祐一騎手も
重賞勝ちは、
カフェファラオ
G1フェブラリーS」のみ
ココ2年連続
重賞10勝超なら余力はある

G1桜花賞」では、
ライラック
2022「桜花賞」想定
G1皐月賞」では、
ジオグリフに騎乗予定
2022「皐月賞」想定

2022年の
クラシック戦線
巻き返し必至の
トップジョッキーから買っても
馬券的妙味は十分期待できそうだ

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略