戸崎圭太V<クラシック>が教えてくれた波乱のG1「皐月賞」

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

2018年
クラシック一冠目の皐月賞
登録馬は異例のフルゲート割れの17頭
更に、
ダノンプレミアム回避して16頭立てへ
 
フルゲート18頭立てになってから
フルゲートれは初めて
枠順確定後の取消除外除く)

 

【今週の注目レース】にも
待ちに待ったクラシック三冠の開幕戦”とあったように
クラシックKEYワードの1つ

   
当該週、
皐月賞」と同じ16頭立てのレースに
2頭のクラシック関連馬が垣間見えた

     
)阪神6R…14リンガラポップス(母<クラシック>ローズ)

          +

)中山1R…10イセベル(母ベル<クラシック>)

          ↓

G1皐月賞」…10ジェネラーレウーノ 着(8番人気)
          |
        14サンリヴァル    着(9番人気)

    
着したのは7番人気のエポカドーロ
ココ2ヶ月”嵐の前の静けさ”を保っていた
戸崎圭太騎手がクラシック制覇

3連複  53410円
3連単 372080円
  

ところで…

G1桜花賞」は、
17頭中15頭までが
社台グループ系の生産馬が占め、
着のノーザンファームをはじめ
上位を独占した<社台祭り>だったが…
 
G1「皐月賞」は予想通り一転
 
ノーザンファーム生産馬
ワグネリアンステルヴィオキタノコマンドールが、
上位人気を占めるも全滅

エポカドーロ田上徹
サンリヴァル斉藤安行
ジェネラーレウーノ新生ファーム)と
社台系が巻き返した!
 


 

google Sponsored Link

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

google Sponsored Link

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略

Advertisement