JRA賞最優秀短距離馬<不在>のG1「高松宮記念」回顧

この記事は3分で読めます

今こそ最強の●●市場に参入せよ!~最先端リスク0ビジネス継承講座~

google Sponsored Link

春のスプリント王決定戦
G1高松宮記念(中京/芝1200m)

2019年は、
前年の覇者で
秋のスプリント王決定戦
「スプリンターズS」をも制し
2018年JRA賞最優秀短距離馬に選ばれた
ファインニードル<不在>で行われる

JRA賞最優秀短距離馬とは?

JRA賞最優秀短距離馬とは、
その年に短距離で活躍した競走馬に対して
記者投票で選出される
1992年までは、
JRA賞最優秀スプリンターという名称だったが…
2008年から選考規定が、
「短距離の競走における最優秀馬」から
「1600m以下の競走における最優秀馬」に
変更されている。

従って、
マイル王とスプリント王の境界線がなくなり
年によって
マイルG1を勝った馬が選ばれたり、
スプリントG1を勝った馬が選ばれたりしている。

マイル&スプリントG1を勝った最優秀短距離馬
 1997年…タイキシャトル
 2003年…デュランダル
 2013年…ロードカナロア

昨年のJRA賞最優秀短距離馬
ファインニードルは、
春秋スプリントG1
「高松宮記念」&「スプリンターズS」連覇
混迷のマイル戦線に対して、
スプリント戦線では絶対的存在だった

その昨年のJRA賞最優秀短距離馬
ファインニードルが引退して迎える
2019年「高松宮記念」

前年のJRA賞最優秀短距離馬不在の高松宮記念

過去、
前年のJRA賞最優秀短距離馬の
G1高松宮記念」の結果は以下の通り
 
歴代JRA賞最優秀短距離馬と
 翌年の「高松宮記念」の結果

1993年…M ヤマニンゼファー → 出(引退
1994年… サクラバクシンオー→ 出(引退
1995年… ヒシアケボノ   → 
1996年… フラワーパーク  → 
1997年…タイキシャトル  → 
1998年…M タイキシャトル  → 出(引退
1999年…M エアジハード   → 出(引退
2000年… ダイタクヤマト  → 
2001年… トロットスター  → 
2002年…M アドマイヤコジーン→ 出(引退
2003年…デュランダル   → 
2004年…M デュランダル   → 
2005年…M ハットトリック  → 
2006年…M ダイワメジャー  → 
2007年…M ダイワメジャー  → 出(引退
2008年… スリープレスナイト→ 
2009年… ローレルゲレイロ → 
2010年… キンシャサノキセキ→ 
2011年… カレンチャン   → 
2012年… ロードカナロア  → 
2013年…ロードカナロア  → 出(引退
2014年… スノードラゴン  → 
2015年…M モーリス     → 
2016年…M ミッキーアイル  → 
2017年… レッドファルクス → 
2018年…S ファインニードル → 出(引退
S:スプリントG1勝ち
 M:マイルG1勝ち

それでは、
前年のJRA賞最優秀短距離馬<不在>の
G1高松宮記念」の結果はどうだったのか?

前記の通り、
前年のJRA賞最優秀短距離馬<不在>の
G1高松宮記念」は過去14回もあるが、
これはマイル王もJRA賞最優秀短距離馬に
選ばれている為…

今回同様、
スプリントG1を勝った
JRA賞最優秀短距離馬が<不在>だったのは、
高松宮記念」となった1998年以降
回しかない

(1)王者シンコウフォレストが誕生した1998年

1997
JRA賞最優秀短距離馬
タイキシャトルは、
高松宮記念」には見向きもせず5月始動

1998年
G1高松宮記念
シンコウフォレスト
前走G3「シルクロードS
1997年「スプリンターズS
1997年「高松宮
シントンカラー
前走G3「阪急杯
1997年「スプリンターズS
エイシンバーリン
前走G3「シルクロードS
1997年「スプリンターズS10
1997年「高松宮

(2)キンシャサノキセキG1初制覇の2010年

2009
JRA賞最優秀短距離馬
ローレルゲレイロは、
G1フェブラリーS」(D1600m)から
G1ドバイゴールデンシャヒーン」(AW1200m)ヘ
※結果はそれぞれ着、

2010年
G1高松宮記念」<3-
キンシャサノキセキ
前走G3「オーシャンS
2009年「スプリンターズS12
2009年「高松宮記念10
2008年「高松宮記念
ビービーガルダン
前走G3「阪急杯着(番人気)
2009年「スプリンターズS
2009年「高松宮記念16
2008年「スプリンターズS
エーシンフォワード
前走G3「阪急杯

(3)絶対王者ロードカナロアが引退した翌2014年

2013
JRA賞最優秀短距離馬
ロードカナロア引退
絶対王者<不在>となった状況は、
今年(2019年)と似ている

2014年第44
G1高松宮記念」<3-8>
コパノリチャード
前走G3「阪急杯
2013年「マイルCS
スノードラゴン
前走G3「オーシャンS
2013年「カペラS」(D1200m)
ストレイトガール番人気)
前走G3「シルクロードS

(4)香港馬<エアロヴェロシティ>初優勝の2015年

2014
G1高松宮記念」で着に走した
スノードラゴンは、
新潟代替で行われた
G1スプリンターズS」を勝って
JRA賞最優秀短距離馬へ
2015年は全

2015年
G1高松宮記念
カクエアロヴェロシティ
2014年「香港スプリント
ハクサンムーン
前走G3「オーシャンS着(番人気)
2014年「スプリンターズS13
2014年「高松宮記念
2013年「スプリンターズS
2013年「高松宮記念
ミッキーアイル
前走G3「阪急杯
2014年「マイルCS13

ステップ重賞に注目も…「阪急杯」覇者<不在>

過去3年共に、
ステップ重賞
オーシャンS
阪急杯」の連対馬が順当に起用されている
しかし、
今年は史上めて
阪急杯」の着馬(スマートオーディン)が
不在>という舞台設定

オーシャンS
モズスーパーフレア
ナックビーナス
阪急杯
同枠ミスターメロディ
レッツゴードンキ
ロジクライ

今回同様、
絶対王者が引退して<不在>となった
2014年
前走G3「シルクロードS
ストレイトガール番人気
今年も
G3「シルクロードS
ダノンスマッシュ番人気!?
ダノンスマッシュにとって
阪急杯」の着馬<不在>が一縷の望み?

google Sponsored Link

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略

Advertisement