「オールカマー」◎センテリュオ重賞初V牝馬共演制す

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2020年
産経賞
G2オール カマーは、
戸崎圭太騎手の番人気
セ ン テ リ ュ が、
カレンブーケドールとの
ハナ差の接戦を制し重賞勝利
出走2頭の馬による<共演>は、
産経賞 
G1大阪杯での
ラッキーライラック
クロノジェネシスを彷彿
同じ要素同士の決着は、
66回のゾロ目開催故…

オールカマー」における
馬のワンツーは
馬が上位人気を占めた2015年
ショウナンパンドラ
ヌーヴォレコルト以来

騎乗の戸崎圭太騎手は、
「ゴールした時は、
かわしたか分かりませんでしたが、
勝ってくれて馬が力を出し切ってくれました」
ペースは遅いと思ったけど、
途中から流れてくれて良かった。
外々を回って差し切るんだから
力がある証拠です」と話した

G1スプリンターズS」の
ポスターにある文言
颯爽、秋が来 から
崎圭騎手の活躍は必然だった!?


2020年不調だった
高野友和調教師は、
この日(週)2戦2勝
「めちゃめちゃうれしいです。
素質はあるけどデビューが遅かったし、
勝てるレースを勝てなかったり、
重賞で人気になっても
成績を出せなかったり、
ここまで長かった」
次走は、
昨年着と健闘した
G1エリザベス女王杯
阪神振替 2200m)
「大きなハナ差でした。
2200mの距離は合っているし、
阪神もいいと思います」と話した

セ ン テ リ ュ
カレンブーケドール
ステイフーリッシュ

馬 連  1850円
馬 単  4540円
3連複  2830円
3連単 21480円

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略