緊急事態宣言を受けJRAが新たな施策発表!桜花賞は予定通り無観客競馬

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2020年
首都圏を中心に
新型コロナウイルスへの
感染が広がる中

4月8日(水)
緊急事態宣言が発令された
これを受けて、

4月11日(土)以降の
中央競馬開催について
JRAから緊急発表があった
 
更なる感染拡大の防止に
尽力することにより、
引き続き当面の間
観客での競馬を施行する

心配された
令和最初クラシック
G1桜花賞
予定通り観客競馬で行われる

又、
今回新たな感染拡大の防止策も
併せて発表された

(1)競走馬の他ブロックへの出走制限
  <4/18-5/3>

 重賞含む
 オープン及び障害戦を除き、
 美浦(関東)所属馬は、
 阪神京都競馬出走不可
 栗東(関西)所属馬は、
 中山東京競馬出走不可

(2)騎手の移動制限
  <4/18-5/3>

 関東関西間を
 移動しての騎乗を不可とする

(3)調整ルームの拡大
  <4/10-5/3>

 騎手の感染リスクの軽減及び、
 人の密度を分散させる為、
 通常の調整ルームの運用に加えて
 JRAが認定する場所
 ホテル、自宅等を
 「認定調整ルーム」として運用
 
以上、
来週からは、
重賞含むオープン及び障害戦を除き、
関東では関東馬だけの競馬
関西では関西馬だけの競馬が
展開されることになる
 
更に、
曜は関東の重賞
曜は関西の重賞
開催場をかけもちしての
重賞等の騎乗ができなくなる

今週から施行されたとすれば…

例えば、
C.ルメール
騎手は、
中山競馬場で行われる
G2ニュージーランドT
 (オーロラフラッシュ)と
阪神競馬場で行われる
G1桜花賞
 (サンクテュエール)の
どちらか一方の重賞しか
騎乗できないところだった

JRAからの発表を受け
日本騎手クラブ会長の
武豊騎手(51)も
「引き締まる思い。
こういう状況で役割をしっかり果たしたい
競馬は国民の娯楽だから」と
改めて決意を語った

とはいえ、
騎手調教師)から
新型コロナウイルス感染者が
いつ出てもおかしくない状況に
変わりはなく
依然として楽観はできない状況だ
JRA開催危機!?新型コロナ感染者判明で騎手3人が自宅待機で乗替

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略