2020年「中山金杯」は同舞台の「ホープフルS」が教えてくれた

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2020年
JRA最初の重賞
「中山金杯」(中山/芝2000m)
落馬負傷の三浦皇成騎手から
M.デムーロ騎手に乗り替わった
トリオンフが優勝!
昨年<不振>だった

M.デムーロ騎手は、
G1「東京大賞典」での
オメガパフュームに続く重賞V
2019年は、
関東トップの
戸崎圭太、三浦皇成が<負傷欠場>の
関東(美浦)に拠点を置いて
巻き返しに出る!

尚、
今年の1/5「金杯」デーは、
日曜日ということで
G3「中山金杯」の売上は、
昨年から8億円弱増加の
82億6123万8000円
一方、
G3「京都金杯」の売上は、
昨年から13億円超増加の
79億6070万3800円

2着したのは、
8ウインイクシード(6番人気)

2020年JRA最初の重賞
「中山金杯」は、
2019年JRA最後の重賞
「ホープフルS」と同じ
中山芝2000mが舞台ということで
「ホープフルS」に出走の
<2014「中山金杯」優勝>
オーシャンブルー産駒
8番クリノブレーヴが、
場違いな出走(最下位)で
「中山金杯」を暗示していた


更に、
「ホープフルS」には、
”ゴールド(金)”関連が

「ホープフルS」
枠ゴールドシップ産駒

枠ゴールドレリック産駒

「中山金杯」
枠テリトーリアル  3着⑪

枠トリオンフ    1着②
枠ウインイクシード 2着⑥

3連複 28440円
3連単107910円

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

jralogo

JRAの広告戦略