G1「ジャパンカップ」が外国馬・外国人騎手を起用する由縁

この記事は2分で読めます

「宝塚記念」万馬券ガンガン<的中>チャート図解解説

google Sponsored Link

G1ジャパンカップ
2015年で35回目を迎える。

国際招待競走ということで
必ず外国馬が参戦してきたものだが、
昨今は活躍する馬が激減

最後に外国馬が優勝したのが、
10年前の2005年
アルカセットまで遡る

とはいえ、
外国馬は来なくても
外国人騎手が馬券対象になってきた。

第 1回(1981)メアジードーツ
第 2回(1982)米ハーフアイスト
第 3回(1983)愛スタネーラ
第 4回(1984)英ベッドタイム
第 5回(1985)新ザフィルバート
第 6回(1986)英ジュピターアイランド
第 7回(1987)仏ルグロリュー
第 8回(1988)米ペイザバトラー
第 9回(1989)新ホーリックス
第10回(1990)豪ベタールースンアップ
第11回(1991)米ゴールデンフェザント
第12回(1992)新ナチュラリズム
第13回(1993)仏コタシャーン
第14回(1994)米パラダイスクリーク
第15回(1995)独ランド
第16回(1996)愛シングスピール
第17回(1997)米ピルサドスキー
第18回(1998)×
第19回(1999)愛インディジェナス
第20回(2000)米ファンタスティックライト
第21回(2001)仏O.ペリエ騎手
第22回(2002)愛ファルブラヴ
第23回(2003)仏O.ペリエ騎手
第24回(2004)仏O.ペリエ騎手
第25回(2005)米アルカセット
第26回(2006)英ウィジャボード
第27回(2007)仏O.ペリエ騎手
第28回(2008)伊M.デムーロ騎手
第29回(2009)仏C.ルメール騎手
第30回(2010)仏C.スミヨン騎手
第31回(2011)豪C.ウィリアムズ騎手
第32回(2012)豪C.ウィリアムズ騎手
第33回(2013)英R.ムーア騎手
第34回(2014)仏C.スミヨン騎手
※各年の最上位のみ表記
  
外国馬、外国人騎手の
いずれも馬券対象にならなかったのは、
1998年のたった1度しかないという事実

エルコンアントニオ猪木東京競馬場に登場し、
エルコンドルパサー優勝したのが1998年
inoki001

それはさておき
   
ココに、
国際招待競走たる由縁がある!?
  
今年は、
上位人気に外国馬は勿論、
外国人騎手も見当たらないので
荒れる予感がヒシヒシと…

ある程度人気になる中では、
サウンズオブアースM.デムーロ騎手も
JRA所属となって
お客さんではなくなった!?

[外国馬]
 イトウ<独>
 イラプト<仏>
 トリップトゥパリス<英>
 ナイトフラワー<独>
 
[外国人騎手]
 サウンズオブアースM.デムーロ
 ラストインパクトR.ムーア
 ペルーサC.ルメール
  
今回「ジャパンC」のテレビCM(短縮ver)で、
前記アルカセットが最初に登場しているので
久々に外国馬の優勝まであるかもしれない。
    
天皇賞(秋)」のCMにおいて、
ウォッカを強調して、
ウォッカ以来となる枠を連対させたように…

 

 

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎