JRA上半期総決算G1宝塚記念は売上増!無観客競馬いつまで続く?

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2020年
観客競馬に
場外発売中止が続く中、
G1宝塚記念売上は…
4.8%UP!
3年ぶりに200億円を超えた

2007年以来、
史上2度目のフルゲートに加え、
史上最多のG1頭という
出走馬にも恵まれた結果

宝塚記念売上&優勝馬 
2011年(16頭)192億1436万
    アーネストリー
2012年(16頭)187億8043万
    オルフェーヴル
2013年(11頭)169億7465万
    ゴールドシップ
2014年(12頭)173億6207万
    ゴールドシップ
2015年(16頭)195億7533万
    ラブリーデイ
2016年(17頭)224億9947万
   マリアライト
2017年(11頭)211億4579万
    サトノクラウン
2018年(16頭)192億1928万
    ミッキーロケット
2019年(12頭)194億6457万
   リスグラシュー
2020年(18頭)203億9865万
   クロノジェネシス

2020年
中央競馬の上半期の売上は、
1兆4752億6872万8200円
(前年比101・5%)
入場者は86万3609人
(前年比26・8%)

新型コロナウイルス禍で
3月以降は無観客競馬となった為
入場者数は大幅減となったが、
インターネット、電話投票会員が、
41万人以上増加したことで
売上は微減に留まった
昨年まで8年連続売上増の傾向を
コロナ禍の今年も
維持できる可能性が出てきた
 
2020年G1売上<前年比>
フェブラリーS」 137億<-8.7%>
— 以下 観客 —-
高松宮記念」   127億<+0.4%>
大阪杯」     120億<-21.2%>
桜花賞」     140億<-17.6%>
皐月賞」     153億<-15.8%>
天皇賞(春)」  168億<-12.0%>
NHKマイルC」  140億<-11.6%>
ヴィクトリアM」 159億<+0.5%>
オークス」    161億<-7.8%>
日本ダービー」  233億<-7.7%>
安田記念」    190億<-7.0%>
宝塚記念」    203億<+4.8%>


観客競馬は、
7月19日(日)まで
続けることが発表されているが、
全体の売上も微程度なら
競馬場や場外発売所での
膨大な人件費や
感染防止対策等を考えたら
観客競馬の方が効率的!?

観客開催の解除について
政府や自治体の指針は絶対厳守

政府の指針では、
7月10日から認められる
観客数の上限は5千人
8月からは、
収容人員の50%としている
(上限無し)

プロ野球・Jリーグの
大規模イベントの動向をみつつ
競馬場は、
ネットによる指定席購入者限定入場
ウインズ等場外発売は、
発売レース制限や
発売時間制限が検討されているというが…

JRA(日本中央競馬会)は、
農林水産大臣の監督を受け、
国が資本金の全額を出資する
特殊法人という性質上、
とにかく<安全第一>となる

(日本中央競馬)会員にしても
土日の競馬場・WINS等への
出張が無くなっても
高給が保障されるのだから
無理に開催する必要性など
さらさら感じていないことだろう
ちなみに、
競馬場・ウインズに従事し、
休業扱いになっているバイトにも
6割の給与が支給されている模様

競馬場が大観衆で埋まるのは、
いつになるのだろうか?


尚、
6月22日
JRAは定例記者会見で
新型コロナウイルス
感染症対策への支援として、
「宝塚記念」当日の売上から
50億円を拠出すると発表した
一方、
競馬場や東西トレセン、
ウインズ等がある44自治体へ5億円
競馬場やトレセン近隣にある
29の医療機関に3億円を寄付する

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略