栄光の2022年ダービージョッキーに輝くのは…史上初か?最年少か?悲願か?

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2022年
競馬の祭典
日本ダービー
ダービー」馬と共に注目される勲章
それは、
ダービージョッキー
<騎手賞:朝日新聞社賞>
今年、
ダービー」ジョッキーに輝くのは?

ダービー」ウィークに突入した
月曜日のスポーツ新聞の一面は、
前人未到の「ダービー三連覇に挑む
福永祐一騎手(ジオグリフ)一色


今年、
ダービー」上位人気馬は、
ことごとく
ダービー」ジョッキーが騎乗する

ダービー勝利騎手では…

若手のホープ<デビュー4年目>
菅原明良(21)
ダービー騎乗にして
オニャンコポンで勝てば
<戦後>最年少の
ダービー」ジョッキー誕生!

オニャンコポンは、
わずか864万円で取引された馬
(2019年セレクトセール
その馬名からしても
再トレンド入り間違いなしだが…

 

2022年G1戦線
1番人気で3度の<不発>が、
ダービー制覇への布石なら…
横山武史(23)の
キラーアビリティ

昨年、
番人気・エフフォーリア
悔しいハナ差負け
今年、
23歳5か月で勝てば
田島良保 騎手(1971)の
23歳7か月を抜き
<戦後>最年少の
ダービー」ジョッキー
そして
親子「ダービー」ジョッキー誕生となる
   
歴代親子「ダービー」ジョッキー

中島時一 (1937年ヒサトモ
⇒ 啓之 (1974年コーネルランサー

伊藤正四郎(1936年トクマサ
⇒ 正徳 (1977年ラッキールーラ)

武 邦彦 (1972年ロングエース)
⇒   (1998年スペシャルウィーク他)

 

一方、
ベテランの域に入った
田辺裕信(38)は、
過去「ダービー」7戦連対
アスクビクターモアで勝てば
悲願達成となるが…

 

上記と同馬主
アスクワイルドモアには、
全国リーディング
もはやTOPジョッキーとなった
岩田望来(21)
誕生日<5/31>2日前の快挙なら
これまた
<戦後>最年少の
ダービー」ジョッキー
現役での
親子「ダービー」ジョッキー誕生となる

ちなみに、
アスクワイルドモアが優勝すれば、
史上となる
祖父ディープインパクト
キズナに続く
親子3代「ダービー」制覇の快挙

 

ダービー」勝利数<現役騎手>
1位…
武豊     5勝
2位…
福永祐一   3勝
3位…
横山典弘   2勝
M.デムーロ 2勝
5位…
C.ルメール 1勝
岩田康誠   1勝
川田将雅   1勝
池添謙一   1勝
内田博幸   1勝
浜中俊    1勝

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略