藤田菜七子騎手がG1「フェブラリーS」でコパノキッキング騎乗へ

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2019年
G3根岸S東京1400m)は、
D1200m以下6戦6勝の
コパノキッキング優勝
<D1400m初勝利>
短期免許
最終週の
オイシン・マーフィー騎手(23)は、
JRA 重賞勝利!
勝(1日勝)の荒稼ぎで
東西リーディングトップへ!
 
東西リーディングTOP10
 1位…O.マーフィー 17
 2位…川田 将雅   12
 3位…岩田 康誠   12
 4位…C.ルメール  11
 5位…福永 祐一   11
 6位…北村 友一   11
 7位…武   豊   11
 8位…三浦 皇成   11
 9位…M.デムーロ  10
 10位…横山 典弘   8 
※1/27現在

距離延長をクリアし
G1フェブラリーS」の
優先出走権を得た陣営(馬主)
Dr.コパこと小林祥晃氏(71)は、
コパノキッキングの鞍上に
この日2019年JRA勝利をあげた
藤田菜七子騎手を指名した

2019年のJRA改革
その1つが女性騎手への負担重量恩恵

月から適用されるこの恩恵によって、
現在の見習い騎手恩恵
<51勝以上100勝以下1kg減量>に
新たに女性騎手恩恵<2kg減量>が加わり
通算100勝するまでは
マイナス3kg減で騎乗できることになる
(通算100勝達成後は永年マイナス2kg減)

但し、
重賞含む特別戦で適用されないので
藤田菜七子騎手が
勝ち星を量産するのは平場戦のみ

G1フェブラリーS」では、
見習い騎手恩恵<1kg減>も受けられないので
大きなハンデを負うようなもの

どのスポーツ競技をみても
男性と女性が同じ土俵で競うことなどありえない

エンターテイメント(ショー)ならまだしも
お金がかかった
公正を謳うギャンブルの世界では尚更

それを堂々とやろうとしているJRA

重賞含む特別戦でも
女性騎手への重量恩恵を適用するなら
少しは説明がつくだろうが… 


今年のG3「根岸S」はG1「フェブラリーS」には繋がらない!?

今回のG3根岸S」に対する
JRAお告げ【今週の注目レース】)は、
東京競馬の開幕を飾る注目のダート短距離重賞
本番(G1)を意識させる文言を
一切使っていない異例のものだった
 
O.マーフィー騎手も
「ベストは1200m」と
明言していたように
距離1600mの本番では”用無し”だろうが、
藤田菜七子騎手が騎乗するなら
過剰人気で絶好のカモになる…
 
G1フェブラリーS出走予定馬
イ ン テ ィ 武  豊
ゴールドドリームルメール
オメガパフュームデムーロ
コパノキッキング藤田菜七子
サンライズノヴァ戸崎圭太
サンライズソア (  -  
ユ ラ ノ ト (  -  
ノ ン コ ノ ユ メ 内田博幸
ケイティブレイブ福永祐一
ウェスタールンド藤岡佑介
レッツゴードンキ岩田康誠

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

jralogo

JRAの広告戦略