チャンピオンズカップ~2023JRA賞最優秀ダートホースの行方

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

現役屈指の強豪が一堂に会する
2023年ダート界の頂上決戦
G1チャンピオンズカップ
中京/ダート1800m)

このレースの結果によって
2023年のJRA賞最優秀ダートホースが決まる

過去、
「チャンピオンズカップ」を含む
G1(Jpn1)2勝が当確ラインだが、
今年は混沌
候補は数頭に絞られる

 

レモンポップ~JRAダートG1完全制覇へ

G1「フェブラリーステークス」に加え
Jpn1「マイルCS南部杯」を制し
既にG1(Jpn1)2勝している
レモンポップ坂井瑠星
ココを勝てば、
史上4頭目の
ダートG1(JRA)完全制覇で
最優秀ダートホース<確定>だろう

但し、
距離経験が1600m迄しか無い馬の
好走例は当然の如く皆無
番人気候補だが、
危険な人気馬にみえるかもしれない

ダートG1(JRA)完全制覇
2000年…ウイングアロー ④
2011年…トランセンド  ①
2017年…ゴールドドリーム⑧

 

セラフィックコール~クリソベリルに続く無敗制覇へ

ステップ戦
G3「みやこステークス」を快勝して
5戦5勝の勢いでG1初挑戦する
セラフィックコール
これまで
全戦メンバー最速の上がり3ハロンも
相手が一気に強くなる
G1の舞台で通用するのか?
前哨戦みたいな競馬では不安も…

勝つにしても
余程のインパクトを残さない限り

最優秀ダートホース<当確>とはなるまい

但し、
CMのクリソベリル<2019>は、
セラフィックコール同様、
5戦5勝からG1を初制覇して
最優秀ダートホースへ

 

最優秀ダートホースの隠れ大本命

メイショウハリオ
Jpn1「かしわ記念」
Jpn1「帝王賞」を連勝して
G1(Jpn1)2勝
勿論、
勝てば最優秀ダートホースの候補に
浮上するが微妙

それなら
日本馬では史上2頭目となる
G1「ドバイワールドカップ」を制した
ウシュバテソーロが、
最優秀ダートホースの有力候補になる
Jpn1「川崎記念」も勝っているので
G1(Jpn1)2勝
JRAの重賞未出はマイナスだが、
チャンピオンズカップ」を
上記以外の馬が勝てば、
消去法で<当確>!?

更に…

次走、
無敗の南関三冠ホース
ミックファイアも出走予定の
G1「東京大賞典」にも勝てば
前記
レモンポップ
セラフィックコールが、
チャンピオンズカップ」を
たとえ勝ったとしても
ウシュバテソーロ決まる可能性大

 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

JRAホームページ
[2024]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW


[twitter]
@urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略