2018年狙える【騎手&調教師】残り1ヶ月半で帳尻を合わせるのは?

この記事は1分で読めます

今こそ最強の●●市場に参入せよ!~最先端リスク0ビジネス継承講座~

google Sponsored Link

2018年も
残り1ヶ月半(11月16日現在)
JRA開催週で言えば週と

この時期になると、
これまで活躍できなかった
騎手調教師巻き返してくるというか
帳尻合わせしてくるケースが目立つ

2018年の重賞戦線

[騎手編]
外国人
騎手が席巻している中
いまだ重賞勝利の有力騎手も…
リーディング上位から見ていくと

東西リーディング13
大野拓弥騎手<68勝>
デビュー14年目
着々と勝利数を伸ばし自己最多を更新中!
重賞勝ちは、
2016年G1チャンピオンズC」以来、
約2年弱遠ざかっている

東西リーディング17
浜中騎手<59勝>
数年前には3年連続100勝超
期待の若手成長株だったが…
ココ2、3年は外国人ジョッキーの台頭で
一番割りを食っている
そんな中でも
3年連続重賞勝していたが…
残り1ヶ月半、
一番期待できるとみてマークしたい騎手

東西リーディング24
津村明秀騎手<46勝>
ココ1ヶ月で10
ローカルで荒稼ぎして急上昇!
全てG3と地味ながら
6年連続重賞勝ち継続中も…

[調教師編]
リーディング上位陣が
きれいに重賞勝ちを収める中、
東西リーディング
堀 宣行調教師<42勝>が
まさか勝利だったとは…

2006年…重賞 1勝(0)
2007年…重賞 4勝(0)
2008年…重賞 1勝(0)
2009年…重賞 3勝(0)
2010年…重賞 7勝(2)
2011年…重賞 5勝(2)
2012年…重賞 5勝(1)
2013年…重賞 2勝(0)
2014年…重賞 3勝(0)
2015年…重賞 8勝(4)
2016年…重賞 7勝(1)
2017年…重賞 5勝(1)
2018年…重賞 勝(0)
※2018年11月15日現在
※()内G1勝ち数
 
2006年から
12年連続重賞勝ち<計51勝>
9年連続優秀調教師賞とトップの常連
駒は豊富な上に
有力外国人騎手起用も多いので
残り1ヶ月半もあれば
このまま勝利で終わることはないだろう

次位は、
東西リーディング20
大久保龍志調教師<27勝>

google Sponsored Link


『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略

Advertisement