2015年クラシック戦線を占うある<法則>とは!?

この記事は1分で読めます

<1日1回>ワンタッチするだけで ♪ 毎月30万円!

google Sponsored Link

 いよいよ
 クラシックへ向けたトライアルシーズン到来!
 
 今週は、
 桜花賞トライアルG3チューリップ賞
 皐月賞トライアルG2報知杯 弥生賞が行なわれる。

 昨年の2歳重賞戦線

 断然の番人気の馬がことごとく失速してきた。

 新生G1朝日杯FS」<第66回>でようやく、
 断然でもない番人気(ダノンプラチナ)が勝った。

 2015年

 明け3歳になった重賞戦線を振り返ると…

 「シンザン記念」 グァンチャーレ(2番人気)
 「フェアリーS」 ノットフォーマル(11番人気)
 「京  成 杯」<第55回>ベルーフ(3番人気)
 「きさらぎ 賞」<第55回>ルージュバック番人気)
 「クイーンカップキャットコイン(2番人気)
 「アーリントンCヤングマンパワー(9番人気)

 

 こうして見ると、
 「京成杯」は馬連番人気>決着なので
 ゾロ開催=番人気という図式が浮かび上がる

 逆に言えば、
 ゾロ目開催以外では、
 番人気の馬は連対できていないことになる。

 [番人気馬の着順]
 「シンザン記念」 ダッシングブレイズ   
 「フェアリーS」 カービングパス     
 「京  成 杯」<第55回>ブラックバゴ  
 「きさらぎ 賞」<第55回>ルージュバック 
 「クイーンカップロカ          
 「アーリントンCナヴィオン       

 

 第22チューリップ賞は、
 <1番人気>の馬が連対!?

 2戦連続番人気不発ロカは、
 今回こそ番人気になりたいところだが、
 2戦2勝のクルミナルコンテッサトゥーレ
 G1阪神JF着のレッツゴードンキ
 白毛で話題のブチコ
 (走る前から)ライバルは多い

 一方、
 第52報知杯弥生賞は、
 番人気>の馬は連対できない!?

 好メンバーが揃った「報知杯弥生賞」は、
 少数精鋭<番人気>になる馬の予想さえ解だが…

  
 トライアルでもこの法則(傾向)>は続くのか?
 1つの指針として注目してみたい。

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎