ジャパンカップ無敗三冠デアリングタクトVSコントレイル夢の対決!

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2020年11月29日(日)
ジャパン・オータムインターナショネル
G1「ジャパンカップ」
(東京/芝2400m)

「桜花賞」
「優駿牝馬(オークス)」
「秋華賞」を制覇し
無敗(5戦5勝)の三冠牝馬
デアリングタクト(松山弘平)
  VS
「皐月賞」
「東京優駿(日本ダービー)」
「菊花賞」を制覇し
無敗(7戦7勝)の三冠馬
コントレイル(福永祐一)

日本競馬史上初となる
無敗の三冠馬同士の夢の対決実現!

いち早く出走を表明していた
デアリングタクト
それに対し…
矢作芳人調教師が、
コントレイルが放牧されている
鳥取県・大山ヒルズを訪問し
愛馬の状態を確認
ノースヒルズの前田幸治代表と
協議して出走が決まった
12日に栗東へ帰厩予定

■矢作調教師コメント

実際に見て体の張りもいいし、
完全に回復していました。
回復力の早さがすごいなと思ったし、
今日見た限り何の心配もありませんでした
デアリングタクトも出てくるということで
ファンの盛り上がり、
競馬としての盛り上がりを考えても、
オーナーと相談して、
そういう決断に至りました

■「優駿牝馬(オークス)」2分24秒4

■「東京優駿(日本ダービー)」2分24秒1

果たして、
三冠馬対決を制するのは?

世紀の三冠馬対決として
ミスターシービーと
シンボリルドルフが初対峙した
1984年「ジャパンカップ」
1着したのは伏兵
カツラギエース(10番人気)
2着はイギリスの
ベッドタイム(2番人気)
シンボリルドルフ(4番人気)は3着
ミスターシービー(1番人気)は10着
※下記参照

過去、
クラシック三冠馬と
三冠牝馬の直接対決は1回のみ

2011年クラシック三冠馬
オルフェーヴル
2012年三冠牝馬
ジェンティルドンナが、
2012年
G1「ジャパンカップ」で対決
結果はハナ差
1着枠ジェンティルドンナ
2着枠オルフェーヴル

元祖三冠馬対決!ルドルフ VSシービー
1984年のグレード制導入前後に誕生した
2頭のクラシック三冠馬
1983年ミスターシービーと
1984年シンボリルドルフ
クラシック三冠馬対決は、
3度実現して
グレード制の申し子
シンボリルドルフが全て先着している

1984年
「ジャパンカップ」
3着シンボリルドルフ
10着ミスターシービー
1984年
「有馬記念」
1着シンボリルドルフ
3着ミスターシービー
1985年
「天皇賞(春)」
1着シンボリルドルフ
5着ミスターシービー


デアリングタクトがキズナアイ従え史上初の無敗3冠牝馬へ
父ディープ超え!福永祐一コントレイル史上初の無敗4冠

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略