1着賞金3億円のラスト「ジャパンカップ」で買える「ダービー」馬は!?

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2021年11月21日
2022年度の番組表が発表された
特筆すべきは、
G1レースの賞金
(2歳及び「日本ダービー」除く)
ジャパンカップ
有馬記念の1着賞金は、
1億円UPの億円となり
世界4位タイとなる

2021年1着賞金ランキング
1位…サウジカップ
 <10億4000万円>
2位…ドバイワールドカップ
 <7億9300万円>
3位…ジ・エベレスト
 <4億2350万円>
4位…ドバイシーマクラシック
   ドバイターフ
 <3億8800万円>
6位…BCクラシック
7位…凱旋門賞
8位…メルボルンカップ
9位…ジャパンカップ
   有馬記念

グランアレグリアは、
2020年に賞金額された
短距離G1を席巻したのに続き
2021年も
ヴィクトリアマイル
⇒史上初の古馬マイルG1完全制覇
マイルチャンピオンS
⇒史上初の牝馬による連覇
旧賞金G1を収束する役目をも果たして
引退>したことになる

グランアレグリア有終のマイルCS牝馬初連覇!

そして迎える
G1ジャパンカップ
前記の通り、

1着賞金3億円で行われる
最後の一戦となる

ココで注目すべきは、
日本ダービー」の1着賞金は、
2億円で据え置かれたこと

今年の「ジャパンカップ」は、
2016年マカヒキ
2018年ワグネリアン
2020年コントレイル
2021年シャフリヤール

史上初となる
4世代の「ダービー」馬が参戦!

旧賞金ラストレースに
相応しいのは、
賞金が据え置かれる
G1ダービー」1着実績ではない!

上記の「ダービー」馬の内、
G1日本ダービー」以外の
旧賞金となる
G1を勝っているのは
コントレイルのみ

グランアレグリア同様、
幕引き役を務めて<引退>へ
その可能性は高い

それ以外で
ジャパンC」を勝つ可能性がある
旧賞金G1レース実績馬は、
2017年「菊花賞」馬
キセキ

2021年「オークス」馬
ユーバーレーベン

2019年
ジャパンC」の外国招待馬が
史上初の頭となったことで
危機感をもったJRAは、
今年から
外国馬の参戦を促す施策として
帯同馬が出走できるよう
条件クラスを解放<国際化>
賞金増額も含めて
12月の「香港カップ」等への
有力馬の流出防止へ懸命

今年の「ジャパンカップ」は、
こうした背景があることや
先日、
ブリダーズカップ』で
コントレイルを管理する
矢作芳人厩舎の馬が
G1を2勝する快挙達成の
”お返し”としても…


今年の外国招待
クリスチャン・デムーロ騎乗
グランドグローリー
ライアン・ムーア騎乗
ブルーム
武豊騎乗
ジャパンは、
ジョッキーからして不気味

海外ブックメーカーの
評価も異常に高い

ジャパンC」ブックメーカーオッズ
 
 コントレイル     2.5
ブルーム       6.0 
 シャフリヤール    6.0
グランドグローリー  9.0
ジャパン      11.0
 アリストテレス   17.0
 ユーバーレーベン  21.0
 サンレイポケット  21.0
 オーソリティ    21.0
 カレンブーケドール 21.0
 ワグネリアン    26.0
 キセキ       34.0
 マカヒキ      41.0
 シャドウディーヴァ 41.0
 
※11月17日現在
 英William Hill社


2021「ジャパンカップ」想定 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略