2019年エリザベス女王杯<頂上決戦>を制したのはラッキーライラック

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2019年
第44回
G1エリザベス女王杯
京都/2200m)
ラッキーライラック優勝
2017年の2歳女王が再び頂点へ!

オルフェーヴルが、
2012-2013年
年連続着に敗れた
凱旋門賞時の鞍上
クリストフ・スミヨン騎手(38)が、
復活へと導いた



ありがとうございます。ベリーハッピー!
もう少し前で競馬をしようと考えていたけど、
うまくポジションが取れなかった。
でも、慌てても仕方ありません。
4コーナーで外を回ろうと思ったけど、
運良く空いた内に入って、よく伸びました
直線では一瞬、
あのときラチにぶつかったことを思い出しました。
でも、父とは違い、
精神面を含めてレベルの高い牝馬。
2年連続(2着)で凱旋門賞を勝てなかった無念を
晴らした気分です
オルフェは今まで乗ってきた中でナンバーワン。
この勝利は父のレベルの高さが受け継がれ、
メンタルのしっかりした子供が生まれる証明になります。
偉大な父を継ぐ馬が出てくることを信じたいです

一方、
ラッキーライラックを管理する
松永幹夫調教師(52)は、
騎手時代の2000年に
ファレノプシス枠2番)で制覇
今回史上となる
エリザベス女王杯」ダブル制覇達成!

この日、
天皇の即位パレードが行われたが、
2005年天覧競馬(「天皇賞秋」)を
ヘヴンリーロマンスで制し
馬上から天皇陛下に最敬礼したのも
松永幹夫騎手だった

今回、
エリザベス女王杯」に対して
JRAが発信したメッセージは…
頂上決戦

頂上決戦G1頻出ワードだが、
この文言が出た時に活躍していたのが
今回ワンツーを決めた
ラッキーライラック
クロコスミアだった
   
2017「エリザベス女王杯
秋の牝馬の頂上決戦
クロコスミア
  |
2018「オークス
芝2400mでの頂上決戦
同枠ラッキーライラック
  |
2019「ヴィクトリアマイル
春の4歳以上牝馬による頂上決戦
同枠クロコスミア


又、
G1ヘッドライン
レーシングプログラムにも掲載)の文言は、
圧倒な美しさ、糸な強さ。
カラー)は、
スカーレットカラーではなく
色(枠)の強調だった

ちなみに、
当日の東京10R
ライラックカラー着(11番人気)

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

無料メルマガ ~初めての方へ~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

ピンポイント1点サイン集

jralogo

JRAの広告戦略