阪神代替G1連勝のタイトルホルダーが取消戦化「宝塚記念」制覇!

この記事は1分で読めます

google Sponsored Link

2022年
JRA上半期の総決算
G1宝塚記念
阪神芝2200m)

ファン投票位の
タイトルホルダーが、
コースレコードで優勝
単勝 420円②>

番人気着に終わった
エフフォーリア騎乗の

弟・横山武史騎手との兄弟対決を
兄・横山和生騎手が制した

 

タイトルホルダーは、
阪神代替菊花賞

阪神代替天皇賞)」に続き
阪神競馬のG1勝目
今回は、
代替競馬ではなかったが、

取消戦という変則的な舞台となり
そのキャラクターが、
如何なく発揮されたということだろう

18頭立てから
17頭立てになったことで
取消>戦の定番
隠れゾロ目も成立!
そういう意味では、
馬・デアリングタクト
ハナ差着にも
大きな意味があったことになる


[取消枠順]
1番オーソリティ
2番アフリカンゴールド

3番メロディーレーン
4番エフフォーリア

5番アイアンバローズ
6番タイトルホルダー

7番デアリングタクト
8番ステイフーリッシュ

[取消枠順]
1番オーソリティ取消

2番
3番

4番
5番

タイトルホルダー 
デアリングタクト 

8番
9番


2022年
賞金額された
古馬G1戦線は、
海外競馬実績馬が重要KEY
特に、

賞金された重賞実績馬

ということで

G3「1351ターフ」<2022
オーソリティは、
残念ながら出走取消となったが、
賞金
G1香港カップ(2021)着の
ヒシイグアス着!
※「香港カップ」は2022年も賞金


 

google Sponsored Link

無料メルマガ登録 有益な情報をメールで随時配信中!>

お名前
メールアドレス

関連記事

[2021]
今週 の JRA 競馬 展望 NEW

[twitter] @urakeiba3

無料メルマガ

メルマガ購読・解除
【 裏 競 馬 】 ピンポイント1点サイン


powered by まぐまぐトップページへ

 

ピンポイント1点サイン集

JRAの広告戦略