G1「有馬記念」の主役は非社台系の個人馬主!?

この記事は1分で読めます

『秘密のテキスト』~ この”常識外れな稼ぎ方”を期間限定で<無料>初公開!

google Sponsored Link

2016年
年末の大一番有馬記念は、
「ジャパンカップ」と並ぶJRA最高1着賞金(3億円)レース

騎手、厩舎、馬主、生産者等にとっても目の色が変わる

前2週、
2歳G1「阪神JF」&「朝日杯FS」は、
社台ファーム生産の藤沢和雄厩舎の管理馬が連覇!

それまで既に過去最高成績を更新して
上位人気を独占したノーザンファームは勝てず…
それでも共に2着

いずれにしても
社台グループの独壇場に違いはない

今回の「有馬記念」も半数以上が社台グループ

 サウンズオブアース(社台ファーム)
 サトノダイヤモンド(ノーザンファーム)
 シュヴァル グラン (ノーザンファーム)
 ミッキー クイーン (ノーザンファーム)
 マ リ ア ラ イ ト (ノーザンファーム)
 ア ル バ ー ト(ノーザンファーム)
 デニムアンドルビー(ノーザンファーム)
 ム ス カ テ ー ル (ノーザンファーム)
 サムソンズプライド(ノーザンファーム)

社台グループは、
「ダービー」「宝塚記念」「天皇賞(秋)」といった
主要G1のみならず、
重賞を根こそぎ勝ちまくっている

  
今回
流れは非社台系の個人馬主!?

  
とはいえ、

2016年大活躍の
大野商事(北島三郎)キタサンブラック
「ジャパンカップ」に続く1着賞金3億円GETは夢?
同じく、
佐々木主浩氏のシュヴァルグランは、
前記の通りノーザンファームでもあり打ち止め!?
   

昨年悲願達成の居城寿与氏(ゴールドアクター)の
3億円G1の連覇はどうか?  

山田和夫氏待望の重賞ウイナー
ヤマカツエースはG1では3戦共2桁着順と役者不足?

アドマイヤゼウスの近藤利一氏は、
「秋華賞」を勝ったヴィブロスの口取り式にも出ていたように
佐々木主浩氏の師匠的存在で意地を見せたいところ
岩田康誠騎手の1年3ヶ月ぶりの重賞勝ちが、
G1「有馬記念」ならドラマティックだが…

今年、
亡き夫唯一のG1ホース
ゴスホークケンの仔・マルターズアポジーで
重賞初勝利を挙げた藤田在子氏あたりなら穴
   

「残高不足!」と思ったら<F5>ボタン!

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン』

無料メルマガ ~ピンポイント1点サイン~

メルマガ購読・解除
裏競馬 JRAが教えてくれる3連単馬券
   
powered by まぐまぐトップページへ

JRA 動画集

jralogo   


◎推奨Goods◎